FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

どう思いますか?

 準レギュラーか…。

 五十五歳の高校教師に届いた封書。

 それは「補充員に選ばれた」との通知だった。

 同封された最高裁の冊子を読む。

 野球選手と違い、くじで出番は決まるようだ。

 一方的な申し出なのに辞退は困難。

 会議に出ないと過料。

 まるで昔の「白羽の矢」じゃないか。

 しかも守秘義務なんて・・・。

 いま話題の裁判員ではない。

 佐野洋さんの小説「検察審査会の午後」(新潮社)の導入部である。

 検察官が下した起訴、不起訴の判断の是非を、市民の検察審査委員が検証

する。

 国民の司法参加をうたう点では裁判員制度よりも先輩だ。

 しかし、小説に登場する委員の一人は、突貫工事の制度ではないかと推測

する。

 実は戦後の制度設計で激しくもめた。

 GHQ(連合国軍総司令部)は、起訴権限を持つ大陪審や検事公選制の導入

を求めた。

 しかし、日本は強く抵抗し、市民決定に拘束力を持たせない独特の制度を急

いでつくった。

 歴史は長いが、際だつのは市民感覚とのズレだ。

 たとえば五年前、政界を揺るがした日歯連闇献金事件。

 審査会は一部政治家の起訴猶予を不当としたが、当局が無視した格好だ。

 裁判員制度開始の陰に隠れ、検察審査会もあすから変わる。

 仮に検察が不起訴としても、審査会が二度続けて起訴すべきだと議決すれ

ば必ず起訴される。

 「平成の大陪審」の幕があがれば、きっといまの献金疑惑もすっきりするに違

いない。
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑

NHK時計

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

マサのとっておき!(^_-)-☆

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

マサのBGM

再生ボタンをクリックするとBGMが流れます(^_-)-☆

プロフィール

masa0077

Author:masa0077
masaの部屋へようこそ(*^_^*)
私は兵庫県に住んでいます
来年は51歳になります
でも、気持ちはまだまだ若いと思っています
明るく、優しい気持ちと正義感だけは誰にも負けません
こんな私ですが宜しくお願いします

最近のコメント

マサのお薦めで~~す!

月別アーカイブ

カテゴリー

楽天ランキング市場

腕時計通販

Amazon人気商品

マサのお気に入りで~~す クリックしてね(^_-)-☆

リンク

MicroAD

ブロとも申請フォーム

舞妓Haaaan!!!

ブロとも一覧

最近のエントリ

QRコード

masaの部屋へようこそ(^_-)-☆

QRコード

ユーザータグ

RSSリンク

FC2ブックマーク

FC2アフィリエイト

カテゴリ

CASIO W61CAオリジナル「activoo」

映画「ジャンパー」ブログパーツ

カテゴリ

フリーエリア

【ハンゲーム】ゲームパックブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。